キックサーブの打ち方のコツは?テニス仲間の連続写真がこれ!

こんにちは!みんなが雁行陣でステイする中、
ひたすらサーブ&ボレーで前に出るSAKIです!^^;

みなさんは、キックサーブってご存知ですか?

プロテニスをテレビででも観戦したことあれば、一度は耳にしたことあるのでは?と思います。

でも、週末テニスではあまり耳にしませんよね。

サーブといえば、フラット・スライス・スピンくらいじゃないでしょうか?

何故耳にする機会が少ないのでしょうか?

・・・それはずばり打てる人がすくないからです。

テニススクールのコーチであっても、キックサーブを打てるひとはまれです。

でも、昔サークルにいたんですよ。

キックサーブ使いが・・・

その時の貴重な連続写真が残ってましたので、当時彼から聞いた打ち方のコツとともにご紹介しますね!

スポンサードリンク

キックサーブとツイストサーブの違いは?

実はキックサーブは知らないけど、ツイストサーブは聞いたことあるって方もいると思います。

違いはありません。

キックサーブの昔の呼び方がツイストサーブです。

ツイストサーブは知ってるけどって方は、ちょっとお年をめした方か、
「テニスの王子様」を読んだ方です。

あの漫画の主人公がツイストサーブを武器にしてますね。

わざわざ古い呼び方にしなくても良いのにって、はじめてみたとき思いましたけど。

いまさら、ツイストサーブって・・・って感覚があるので、
このサイトではキックサーブでいきたいと思います。

スピンサーブとの違いは?

スピンサーブとキックサーブも明確に違います。

これは、キックサーブを受けた人しかわからないかもしれませんが、
キックサーブはその名の通り、キックするのです

スピンサーブは、下から上へのスピン回転がメインで、
バウンド後はずむのですが、はずむ方向は、来たまままっすぐです。

キックサーブは下から上だけでなく、推進方向に対して右から左のスクリュー回転がかかります

なのでバウンド後はずむのですが、はずむ方向が、右利きのバック方向にはねるのです。

これがいわゆるキックするってことなのですが、
これは実際レシーブを受けないと、なんのこっちゃ?かもしれません。

はずむだけでも打ちづらいのに、バック方向へ逃げていくわけですから、
「うっ」っとなるわけです。

スポンサードリンク

打ち方のコツは?

では、キックサーブの連続写真をどうぞ!

キックサーブ連続写真
かなりトスが頭の上にあがっているのが解ると思います。

私も昔挑戦したことありますが、キックさせることにはたまに成功するものの
実用的なレベルには至りませんでした。

残念・・

コツを何度か聞いてみましたが、

「ラケットを右のほうに放り投げるように、打つんですよ」

ってことでした。

ゆっくりスイングしてもらったりしましたが、
なかなか自分の技術にできるコツを習得できませんでした。

本人の感覚は、「右にラケットを放り投げる」だけらしいので、
あとは、連続写真から気づきを得れるか?ですね。

さいごに

キックサーブの打ち方について、連続写真とともにご紹介しました。

だいたい、週末テニスプレイヤーが身に着けるサーブは、スピンが多いですね。

まあ、はっきりいってスピンで十分だとは思いますが、

でももし、キックサーブが打てたなら、とってもかっこいいですよ。^^)

かなり上級者っぽいですし。

まあ、あんまり練習しすぎて、自分のサーブを見失わないように気をつけてください。

また、実際キックサーブを体験したことないって方は、
テニスコーチに打てないか聞いてみてくださいね。

テニスの奥深さを実感できますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ