全仏オープンテニス2015のトーナメントドロー表をまとめてみた!

こんにちは!グランドスラム本戦に日本人選手が7名も参戦していることにびっくりのSAKIです。

5月24日いよいよ始まりますね!もちろん全仏オープンテニス2015ですよ。

まずは、トーナメントドロー表をチェックしていきたいと思います。

いやいやすごいですね。今回は錦織圭はもちろん男子5名、女子2名の選手が本戦に出場ですよ。

しかもテレビも地上波で見れるっていうんですから、見ないわけにはいきませんよね。

スポンサードリンク

手作りトーナメントドロー表で錦織圭の相手をチェック!

思わず作っちゃいましたよ。トーナメントドロー表を。

まずは、錦織圭のブロックを見てください。

テニス全仏オープン2015ドロー表

▼最新版のトーナメントドロー表はこちら
錦織圭の準決勝の相手は?全仏2015トーナメントドロー表最新版!

錦織圭は今回第5シードです。

ご存知の通り、こういったトーナメントでは、いきなり強い選手同士が戦うってことはありません。

シード選手を背景色黄色にしましたが、見てもらうと解る通り、バランスよく配置されるわけです。

なので、シード選手は大体において順当に勝てるようになってます。

錦織圭の1回戦の相手は世界123位のポールアンリ・マチューです。

負ける要素はないと思いますが、何が起こるかわからないのが、グランドスラムでもあります。


同じブロックに日本人選手「添田豪」と「伊藤竜馬」がエントリーしているのもお見逃しなく。

それぞれシード選手と当たるわけですが、勝てない相手じゃないと思いますので、ぜひ勝って欲しいですね。


もうひとつポイントは、錦織圭にとっての強敵
ジョコビッチとナダルが錦織圭とは別の同じブロックにいるってことですね。

そして、当たるとしても決勝でというトーナメントになってます

大会を通じて両方と当たることはないわけです。

あんまり、消極的な気持ちはよくないかもしれませんが、
はっきりいって、このドローはチャンスじゃないでしょうかね。

なんせ、従来なら2回戦勝ったくらいでもうれしかったんですが、
錦織圭なら優勝できる可能性がありますからね。

ぜひ日本テニスの悲願、グランドスラム優勝を果たして欲しいです。

本戦出場している日本人選手

残念ながらクルム伊達公子は本戦出場ならずでしたが、今回は多くの日本人選手がエントリーしてますよ。

▼男子
錦織圭、伊藤竜馬、添田豪、西岡良仁、ダニエル太郎

▼女子
奈良くるみ、土居美咲

個人的に注目しているのは西岡良仁ですね。

まだ19歳ながら、中学生の時からアメリカのIMGテニスアカデミーに留学し
「錦織圭2世」って呼ばれている逸材です。

どんなテニスをするのか、ぜひテレビで見たいですね。

それぞれ1回戦を勝ち抜けば、テレビでも放送されると思うのでがんばって欲しいですよ。

BSもWOWOWも加入してないけど全仏は見れるのか?

やっぱりテレビで応援したいですよね。

地上波でもやりますよ。テレビ東京で!

滝川クリステルをメインキャスターにする力の入れよう。

いまテニスは注目されてますからね。

数字がとれる!って思ったんでしょうね。^^;)

▼大会スケジュールは以下の通りです。

1回戦 5月24日(日)・25日(月)・26日(火)
2回戦 5月27日(水)・28日(木)
3回戦 5月29日(金)・30日(土)
4回戦 5月31日(日)・6月1日(月)
準々決勝 6月2日(火)・3日(水)(雨天予備日・4日(木))
準決勝 6月5日(金)(雨天予備日・6日(土))
決勝 6月7日(日)(雨天予備日・8日(月))

雨天などの状況によっても変わるので、随時チェックしたいですね。

なんにせよ、テレビで応援できるってのは嬉しい限りです。

最新世界ランキング

世界ランキング1位を目指す錦織圭にとって、全仏オープン2015はとっても重要です。

例えば、全米オープンは前回準優勝しているので、
仮に今年も準優勝しても前年と同じということでポイントが変わらないのですが、
全仏オープンは2014年1回戦敗退しているので、
ここはポイントの稼ぎ時の大会なわけですよ。

ちなみに世界ランキングとポイント数の最新はこの通りです。

1 ノバック・ジョコビッチ 13,845
2 ロジャー・フェデラー 9,235
3 アンディ・マレー 7,040
4 トマシュ・ベルディヒ 5,230
5 錦織 圭 5,220
6 ミロシュ・ラオニッチ 4,800
7 ラファエル・ナダル 4,570
8 ダビド・フェレール 4,490
9 スタン・ワウリンカ 3,845
10 マリン・チリッチ 3,325

ポイント数については「ATPツアーの各大会でもらえる具体的なポイント数はこれ!」で
詳しく解説してますが、優勝すれば2,000ポイント、準優勝でも1,200ポイントもらえるわけですよ。

グランドスラムでの勝利いかんによって、順位は大きく変動することになるわけです。

ジョコビッチの1万3千ポイント代は異次元としても、グランドスラムで勝つことによって、まだまだ上位が狙えますよ。

まとめ

全仏オープンテニス2015のトーナメントドロー表についてまとめました。

ナダルかジョコビッチが勝ち抜いたとして、当たるのは決勝でということになるので、
とってもチャンスいっぱいのドローであることがわかると思います。

今回は優勝狙えるんじゃないですか?応援しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ