錦織圭の準決勝の相手は?全仏2015トーナメントドロー表最新版!

いよいよベスト8が出揃いましたね!既に気持ちは準決勝のSAKIです。

29日はびっくりしました。
会社行っている間にいつの間にやら錦織圭がベスト16になってましたから ^^;

「何があったの?」と最初びっくりしましたが、
ベンジャミン・ベッカーが怪我で棄権したんですね。

そして、4回戦も見事突破!

つぎの相手はツォンガですが、対戦成績が良いだけに
波乱がなければ勝ち進めるでしょう。

でも・・波乱があるのが全仏オープンです。

なんせ、ローラン・ギャロスの戦いはハードですからね。

ベストなコンディションでのぞんでもらいたいです。

ということで今回もいってみたいと思います。

全仏オープンテニス2015のトーナメントドロー表の最新版をご紹介します。

スポンサードリンク

最新トーナメントドロー表

さっそくご紹介します。

せこせこ更新したので、ご覧ください。

全仏オープンテニス2015トーナメントドロー表

ベスト8が出揃いましたので、そろそろ他のブロックも必要ですね。

補足すると、現在勝ち進んでいる8名を、トーナメント表の順にご紹介すると

1.N・ジョコビッチ(1)【BIG4】
2.R・ナダル(6)【BIG4】
3.A・マレー(3)【BIG4】
4.D・フェレール(7)
5.錦織圭(5)
6.JW・ツォンガ(14)
7.S・ワウリンカ(8)
8.R・フェデラー(2)【BIG4】

の8名となります。

カッコはシードの数字です。

ベスト16あたりまでは、けっこう小波乱が起きてるなあって
思ってたんですが、ベスト8までくると、

BIG4が順当に勝ち進んでいるし、8名全てシード選手だしで
実力通りの結果って感じですね。

グランドスラムで化ける選手もいるので、シードじゃない選手の活躍も楽しみではありましたが。

例えば、無名の選手の活躍といえば、やっぱり17歳で全仏を制したマイケル・チャンが
思い出されますね。

彼が錦織圭のコーチをやっているのは、ほんと感慨深いです。

グランドスラムの中でも、全仏だからこそ、
今回はやってくれそうな予感がするのは
私だけじゃないはずです


準決勝で当たるのは?

勝ち抜けば強い選手と当たる・・当たり前の話ですが、
準々決勝と準決勝で当たるのは誰になりそうでしょうか?

そろそろ見えてきましたね。^^)

まず錦織圭自身ですが、準々決勝の相手はJW・ツォンガですが、
対戦成績は4勝1敗と相性が良いです。

問題ないですね・・・普通だったら。

不安要素はツォンガが地元フランスの選手ってことですね。

会場の雰囲気は当然アウェーですね。

地元開催って普段以上の実力を発揮したりしますからね。

要注意です!

そして、準決勝はBIG4の一角、ロジャー・フェデラーですね。おそらく。

もしこの対戦が実現したら、絶対テレビを録画しつつ、リアルタイムでも観戦しますよね。

もちろん錦織圭を応援しますが、ロジャー・フェデラーも好きなんですよ。個人的に。

4回戦のテレビ放送予定は?

先が楽しみですが、まずはツォンガ戦ですね。

既にご存知かと思いますが、今回の全仏オープンテニス2015は、地上波でもやってます。

うれしいですね。

テレビ東京が地上波独占放送で、ツォンガ戦は6月2日の夜10時からとなってます。

テレビで見てると、ミスが目についたりしてどきどきしちゃうんですが、
日本人の活躍は生で見ないともったいないですね。

まとめ

全仏オープンテニス2015の最新トーナメントドロー表とこれまでの試合についてをご紹介しました。

ずばり予想すると、

準々決勝で、ツォンガに勝利!

準決勝で、ロジャー・フェデラーに勝利!

決勝はジョコビッチかナダルかに勝利!


きっと日本人選手初のグランドスラム制覇!・・・ってなる気がします。よね?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ