テニスの練習メニュー「ショートラリー」は初心者にもおすすめ!

こんにちは!最近ようやくストロークが復活しつつあるSAKIです。

ストロークの練習メニューっていろいろとありますよね。

ストローク対ストロークであったり、ボレー対ストロークであったり、
球出しからのストロークってのも一般的ですよね。

ほんといろいろです。

ですが、私が一番練習になるなあって感じるのが「ショートラリー」です。

別名「ミニミニテニス」とか呼んでいたりします。

別の呼び方があれば、ぜひ教えてください。

今回は初心者にもおすすめの「ショートラリー」についてご紹介します。

スポンサードリンク

ストローク力ってなんだろう?

唐突ですが、ストローク力ってなんでしょうかね?

いろいろな要素があると思いますが、やっぱり一番は安定性じゃないでしょうか?

強い球を打てるにこしたことはありませんが、ミスが多いと試合には勝てません。

ということで、相手のストロークの安定性がどれくらいか?
どこで判断してますか?

私の場合は、ショートラリー力で判断してます。

ショートラリーとは、その名の通り短い距離でのラリーなんですが、
ネットをはさんで後ろはベースラインではなく、サービスラインまでをコートと考えます。

この範囲でストロークを打ち合うわけですが、
これが結構難しいんですよね。

なんだ簡単じゃんって方はただただ返してませんか?

しっかりトップスピンをかけてくださいね。

意外に難しいショートラリー

テニスは何が難しいかっていうと、オーバーしてもいけないし、ネットにひっかけてもいけないってとこですね。

ショートラリーの場合、コートが狭くなるので、
オーバーしないように力加減しながら、ネットを越えるような山なりの球が要求されます。

返すってことだけに専念するなら、スライスで返すって手がありますが、
ショートラリーでは意識してトップスピンを使うようにします

この狭い範囲でトップスピンをかけるってのが難しいんですね。

ベースラインでの打ち合いなら、球が相手に届くまでに重力の影響で球が落ちてくれますからね。

うまい人になると、ほとんどミスせずにショートラリーを続けることができます。

この練習の目的はトップスピンをかけたストロークの安定性の向上です。

当たり前のようにラリーが続くよう練習しましょう!

スポンサードリンク

練習のバリエーション

練習のバリエーションをご紹介します。

1)通常のショートラリー

ショートラリーをひたすら続けましょう!

ポイントは当たり前ですが「ミスをしない」ことです。

慣れてきたら、スピン回転の量を増やしてみましょう。

打ち返す場所は左右に打ち分けるようにすると良いですね。


2)スライスを組み合わせる

トップスピンをかけたストロークを習得するまでは、トップスピンをひたすら練習すべきですが、
もう大丈夫って場合は、ショットのバリエーションを増やす意味で
スライスショットも織り交ぜていきましょう。

ショートラリーでのスライスストロークは、ボレーの感覚が強いですね

コンパクトにミートするようにして、トップスピンとスライスを交互に打ち分けてみましょう。


3)少し強めにポイントを取りに行く!

ショートラリーでほとんどミスしなくなったら、少し強めに打ってみましょう

当たり前ですが、アウトはなしですよ!

この距離で試合のように左右に振ったり、回転の量を調整できるようになれば
相当なストローク力が身についたと言えます。

友達とガチで勝負すると、おもしろいですし盛り上がりますよ!

さいごに

今回は、テニスの練習メニューとしてショートラリーについてご紹介しました。

初心者から上級者にもおすすめなので、ぜひ練習の最初にやるようにすると良いと思います。

プロでも練習の最初は軽いラリーからはじめるじゃないですか。

やっぱり地味な基本練習が上達への近道だと思います。

がんばっていきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ