テニスの熱中症対策!夏はもちろん冬も危険?

テニスってとっても激しいスポーツですよね。

時には炎天下で長時間プレイすることもあります。

プロの場合、それを何時間ってやるわけですから、
いつもテレビとかで見て、すごいなーって思います。

我々一般プレイヤーの場合、インドアでプレイすることもありますが、
やっぱり外でプレイすることもあり、夏は熱中症の恐れが常にあります。

私もやりこんでいた時は、2時間だと短く感じるので
だいたい3時間~4時間は毎週末やってました。

熱中症について調べてみると、実は冬でも熱中症にかかることが
ある
ということで、

最悪、救急車で搬送ってなことにならないよう、
今回は、テニスの熱中症対策についてご紹介します。

スポンサードリンク

運動前に気候を気にしましょう

最近の日本では、熱い時には38度を超える時もあります。

そんな中で運動をすると、だれでも熱中症になります。

また、朝でも夜でも暑さは一緒。

「今日は特に暑いな」と感じた日は練習をハードにしすぎず、
休憩する時間を多めに取り、しっかりと休むようにしましょう


また、冬の寒さでも熱中症は起こります

熱中症は体温が上昇し、体内の水分が不足することで起きます。

冬で寒いからといって、水分も取らずに運動をし続けると熱中症の原因となります。

冬でも水分をしっかり取り、休憩もしっかりととってください。

はじめから激しい運動はしない

プールに入る前には準備体操をしますが、他のスポーツも同じです。

準備体操には、筋肉や腱、心臓に負担をかけないように
前もって準備する理由がありますが、準備体操をすることによって体が温まります。

激しい運動をする前に、ゆるやかな運動をすることで、体が激しい運動への準備をします。

そうすると急激な体温の上昇を防ぐことができるのです。

準備体操、ストレッチなどを必ずはじめに、
そしてしっかりとやってからプレイを始めましょう


水分と塩分の不足に注意!

先ほどお伝えした通り、熱中症は体内から汗を出し、
水分が不足してしまうことで起こってしまう症状です。

汗は体内の水分と同時に塩分まで外に出します。

「水分を取れ」と言われて、水だけを飲んでいても塩分が足りず
熱中症を起こしてしまう原因にもなります。

水分と一緒に塩分を取るには、スポーツドリンクを飲むのが一番良い方法です。

また、ミネラル入りの麦茶などでも大丈夫。

そして、毎朝コップ1杯の牛乳を飲むこともオススメです。

牛乳には体内の血液量を増やす事ができますので、
予防にもなり、暑さに強い体にすることができます。

梅干しが好きな方は、水に梅干しを潰して溶かしたものを飲むこともオススメできます。

500mlに対して1粒で構いません。

運動時に摂取する水分には『塩分』も忘れず取れるものを使ってください

体調管理は一日を通して

体調管理については、365日気をつけたほうが良いです。

前日に飲み過ぎたりしていると、必ず朝食を食べたほうが良いですし、
その日の体調によっての運動量も考えねばなりません。

まとめ

テニスプレイ中の熱中症についてご紹介しました。

ほんと激しいスポーツですから、常に熱中症の危険があるってことは
念頭に置いておきましょう。

自分の体を気遣いつつ、より良いプレイをするために、体のケアはしっかりとしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ