テニスラケットの選び方③重さとバランスで変わる振り抜き易さ

テニスラケットはプレイ中ずっと手にする道具ですから、
「重さ」っていうのもラケット選びの重要な要素ですよね。

いろいろなラケットを振ってみると解るんですが、
重量は重いけど振りやすいラケットや、そうでないものがあったりします

この違いはどうしてなんでしょうか?

単純な重量だけでは解らない、テニスラケットの「重さ」について
ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

カタログの平均ウエイト(重量)はフレームの重さ

どのテニスラケットにも重量が表記されてます。

平均ウエイトと表記されていることが多いでしょうか。

ちなみに何故「平均」なのかというと、1本1本で多少の個体差が生まれるからです。

単純に考えると重いラケットが振るのに力が必要で、
軽いラケットのほうが振りやすいって考えがちですが、
そう単純な話でもありません

なぜならテニスのラケットって27インチ程度の長さがあるものなので、
例えば300gのラケットがあるとして、
ラケットの先端が250gあるものと、グリップに重さが250gあるものとでは
断然先端が重いもののほうが力が必要だからです。

こんな極端なものは実際ないですが、
単純じゃないってことはわかったかと思います。

かといってそもそものテニスラケットの重量、
250g~320gと幅が広いのですが、
初心者が使うには300g未満のラケットを選ぶと良いと思います

私のラケットは300g以上あるのですが、
10年ぶりに手にした時は、ずっしりと重量感がありました。

女性なら290g前後、男性なら300g前後が良いかな?と個人的には思っています。

バランスはラケットの重心

次に考えなければいいけないのは、バランスです。

これもカタログに表記されているので確認できます。

バランスとは重心のことですから、そこを持つと
グリップ側とラケットの先端側とのバランスがとれるとこってことですね。

これが手元近くにあるラケットを「トップライト
ラケットのセンタにあるラケットを「トップヘビー
と呼びます。

単純に考えて、重さ300gと同じラケットなら
トップライトのほうが振りやすいことは想像できると思います。

先端が軽いってことですからね。

でも実際にボールを打ってとこになるとどうでしょうか?
次から結構重要です。

実際ボールを打ちやすい重量とバランスは?

ここまでを一旦まとめますね。

重量」は単純な重さなので、振りぬきやすさはわかりません。

なので次に「バランス」について考えました。

グリップ側に重さの比重があるのか?
ラケットの先端側にあるのか?ってことでしたね。

極端に言うと、金槌を釘を打つほうで持つのがトップライト、
普通に持つのがトップヘビー
ということで、
トップライトのほうが振りぬきやすさが良いのは
イメージできたかと思います。

じゃあ、トップライトのラケット選べばいいじゃん?
っていうのはまだ早いです

テニスはラケットでテニスボールを打つスポーツです。

金槌の例がわかりやすいと思うので、想像してみてください。

友達にテニスボールを転がしてもらいます、
金槌でボールを打ち返すとして、普通に持ったほうが良いでしょうか?
釘を打つほうを手に持ったほうが良いでしょうか?


・・・

想像してみました?

きっと普通に持ったほうが良いことが想像できたんじゃないでしょうか?

そうです。金槌の柄でボールを打とうとすると、
ボールに打ち負けるのです。

つまりボールを打つっていうことを考えると、
ラケットの先端にある程度重さがあったほうが
飛んでくるテニスボールを打ち返しやすい
のです。

これが可能な限り重さのあるラケットのほうが良いと言われる所以ですね。

・・・じゃあ振るのは大変だけど、トップヘビーがいいの?

っていうのもまだ決めるのは早いです。

同じ重さ300gのラケットがあったとして
トップヘビーのほうが重心がラケットの先端側にあるってだけで、
どの位置に重さがあるのかまではわからないのです。

もうひとつ単純にラケットの先端に重量があるとしたら、
飛んでくるボールに打ち負けが少なくなるのと引き換えに
スイング自体が重く感じるってことですからね。

スポンサードリンク


もうひとつの指標「スウィングウエイト」

結局、「重量」「バランス」は、目安になっても
実際試打しないとわからんってことか?

ってなりますが、もう一つ指標があるのでご紹介します。

それが「スイングウエイト」です。

これはつまりラケットをスイングした時に感じる重さになります。

例えばPRINCEのテニスラケット「TOUR GRAPHITE 100XR」の場合
平均ウエイトが315g、バランスが310mm(比較的トップライトですね)
平均スウィングウエイト「285」となってます。

つまり重量は315gですが、スイングした時に感じる重さは285gってことですね。

この数値は非常にわかりやすいですね。

最初からそれ言ってよ~って感じですが、

でも残念ながらこの数値がカタログに表記されるようになったのは
最近のラケットで、しかも現時点でPRINCEのみです。

なんだ結局わからないのか・・

って思ったかもしれませんが、
実はスウィングウエイトを測定できる計測機があるのです。

GOSENのGM31というものです。

価格が15万円以上するので、個人で買うっていうのは
現実的ではないですが、これを導入しているテニスショップを探せば
テニスラケットのスウィングウエイトを教えてくれるはず
です。

数値を参考に自分が購入するラケット候補を洗い出したら、
最終的には試打してくださいね。

まとめ

ラケット選びで重要な「重さ」について、
関連する「バランス」「スウィングウエイト」含めてご紹介しました。

今後はスイングウエイトを各社が公表するようになれば
もっとラケット選びが簡単になるかもですね。

いま現在の選び方としては、
300g未満のラケットをバランスを考慮して選んでください

ショップによってはスイングウエイトを教えてくれるところもあるので、
探してみても良いです。

そして月並みな考え方になりますが、最後は「試打」が必須です。

安い買い物ではないので、楽しみながら自分に合った一品を探してくださいね。

【目次】
 ①初心者も道具にこだわるべき?
 ②長さや厚さ等のサイズを決めよう!
 ③重さとバランスで変わる振り抜き易さ << この記事です!
 ④ストリングパターンとは?
 ⑤メーカーと使用プロで選ぶ!
 ⑥メーカーで選ぶ!その2
 ⑦ショップを選ぼう!安いのはどこ?
 ⑧海外正規品とは?テニスラケットを値段の安さだけで選んでみた!

硬式テニスラケットを初心者が選ぶなら、価格も手頃なこの5本!
バボラのピュアドライブとピュアストライクを比較してみた!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ