ヘッドのテニスラケットの選び方!アガシ好きならやっぱりこれ!

やっぱりテニスラケットを選ぶ時の基準って、
好きな選手が使っているラケットですよね。

アガシが現役の時は、ヘッドのラケットを使っているテニス仲間が
けっこういました。

そしてそのプレイスタイルはやっぱりベースラインで
ストロークの強打です。

アガシほど、びしっと決まるわけではありませんが、
やっぱり憧れます
よね。

今回はヘッドのテニスラケットの選び方等をご紹介します。

スポンサードリンク

ヘッドとは?

ヘッドとは、テニス用品やスキー用品を主力とする
オーストリアを本社に置くスポーツ用品の企業です。

元々はスキー用品を販売していて、そこから成長して
テニスやフットウェアなどに多角化して来ました。

テニスをやっている方だと、ヘッドを知らない人はいませんよね。

それだけ、テニス界でも浸透している企業です。

ヘッドのラケットを使っている選手

ヘッドというと最初に思い浮かぶのがアンドレ・アガシです。

現役選手を差し置いてなんですが、
やっぱりヘッドというとアガシってイメージが強いです。

ドリームテニスARIAKE2014でも来日して、
錦織圭と対戦
して話題になりましたよね。

私はひそかに、アガシのラケットに注目しましたが、
ちゃんとヘッドのラケットを使っていたので
ほっとひと安心しました。^^)

いきなり他のメーカーの使っていたら
ショックですよね。

品名までは確認できなかったのですが、
オレンジ色のラケットは、ラジカルシリーズじゃないでしょうか?

現役時代さながらのストロークはさすがですよね。


ヘッドのラケットを使用しているプロテニスプレイヤーで
忘れてはいけないのは、ノバク・ジョコビッチです。

世界ナンバーワンの彼も、ラケットをヘッドに変更したら
勝率が上がったとも言われています。

やっぱりテニスラケットとして完成度高いんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

ラケット紹介①~ラジカルOS

アンドレ・アガシのために作られたラジカルシリーズです。

彼はラジカルのラケットで数々の称号を得ました
(使用していたのはRadical Tour)。

その中でも人気になっているのが、Radical Oversizeです。

ラジカルシリーズは安定したコントロール感が特徴ですが、
このOSはコントロール感に加え、球のホールドとパワーアップしています。

フルスイングで鋭い球を打ちたい、ストローカー向けパワーラケットです。

柔らかいしなりを持ちながら強度があります。

それを実現させているのが、マイクロジェルという
シリコン素材をフレームに使っているため、
ショットの際ボールをラケットで押している感覚があります。

私は初期のラジカルシリーズをテニス仲間から借りて試打したことがありますが、
ラケットの力でボールを飛ばすというよりも、
自分でフルスイングしてボールを飛ばすラケットという感覚でした。

ラケット自体にパワーがあると、とびすぎてしまったりするんですが、
このラケットなら、思い切りふりまわせます。

アガシのようなプレイスタイルを目指すなら、おすすめですね。

ちょっと上級者向けですが。

ラケット紹介②~instinct

ヘッドは、パワーラケットのイメージが強いため
男性ばかりが好むイメージが強いですが、
ヘッドを使用し活躍している女性のプロテニスプレイヤーもいます

スベトラーナ・クズネツォワ、アナスタシア・ミスキーナ

彼女たちが愛用しているのがinstinctです。

このラケットは軽めに作られていて、スピンが良くかかるようになっています。

もちろん軽いため強いストロークも可能です。

ヘッドのラケットは、強打とコントロールを兼ね備えたラケットと
軽いながらも強いパワーとスピンを生み出すことができるラケットが特徴です。

女性の方もぜひ試打してみてくださいね。

さいごに

ヘッドのテニスラケットについてご紹介しました。

選び方としては、自分の好きなプレイヤーと同じラケットを
試打してみるってのがいいと思います。

私のテニス仲間はだいたいそうしてました。

最初に選ぶラケットって結構大事で、だいたいの人が
同じメーカーのラケットを使い続けることになります。

愛着がわくのと、メーカーごとの個性があるんですよね

世界ナンバーワンのジョコビッチも使っているヘッドのラケット
メーカーとしては、文句ないんじゃないでしょうか。

▼【テニスラケットの選び方をまとめました!】
 ①初心者も道具にこだわるべき?
 ②長さや厚さ等のサイズを決めよう!
 ③重さとバランスで変わる振り抜き易さ
 ④ストリングパターンとは?
 ⑤メーカーと使用プロで選ぶ!
 ⑥メーカーで選ぶ!その2
 ⑦ショップを選ぼう!安いのはどこ?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ