ATPツアーの各大会でもらえる具体的なポイント数はこれ!

ATPワールドツアーでは、各大会で獲得したポイントでランキングが決まるわけですが、
具体的にもらえるポイントは
大会のランクとどこまで勝ち進んだかによって決まります。

いままで、錦織圭が大会に出場するたびに

「え・つまり、この大会で勝つと・・・世界何位になるの?」

って一生懸命調べていた方も、

事前に、「優勝すれば2,000ポイントもらえるから、世界5位だな」
なんてことがわかるようになりますよ。

ということで今回は、ATPツアーにはどんな大会の種類があって、
それぞれ何ポイントもらえるか
をご紹介します!

これで2015年のテニス観戦もさらに楽しくなりますよ!

スポンサードリンク

1)グランドスラム

いわゆる4大大会です

具体的には
「全豪オープン」
「全仏オープン」
「ウインブルドン」
「全米オープン」


の4つです。

テニスのプロツアーで最大の規模かつ権威のある大会です。

この大会は本戦に出場すること自体も名誉なことです。

あまり取り上げられませんが、
日本のナンバー2 添田豪も本戦2回戦に進出したりしてるんですよ。

ベスト8位いかないと中々注目されませんが、日本人のプロもちょいちょい参戦してますので、
こちらも応援したいところです。

獲得ポイントは

【優勝】2,000
【準優勝】1,200

となります。
このポイントがいかに大きいかは、他の大会の獲得ポイントと比較するとわかると思います。

決勝戦までいかなくても以下ポイントがもらえます。

【ベスト4】720
【ベスト8】360
【ベスト16】180

ここまでかと思いきや、さらにもらえます。

【ベスト32】90
【ベスト64】45
【ベスト128】10

優勝した時の2000ポイントがやはりでかいですね。

錦織圭が5千ポイント代で世界5位ですから、そのポイントの大きさがわかると思います。

なので大体、グランドスラムで活躍している選手が世界の上位にくるようなイメージですね。

2)ATPワールドツアー・ファイナルズ

これはツアーの最終戦として行われる大会で、ランキング上位8名のみ参加できる大会です。

2014年のATPワールドツアー・ファイナルズに錦織圭が出場したことで
とりあげられたので、ご存知の方も多いと思います。

【優勝】1500

優勝すればグランドスラム優勝につぐポイントが獲得できます。

この大会に出場している時点で、みんなその年活躍した選手ですから、
優勝ともなるとすごいことになります。

そんな中錦織圭は2勝1敗ですからね。
もう、実力は世界トップクラスですね。

3)ATPツアー マスターズ1000

その名の通り優勝すると1000ポイントもらえる、ランクの高い大会です。

大会数は9大会で、具体的には

①インディアンウェルズ
②マイアミ
③モンテカルロ
④ローマ
⑤マドリード
⑥カナダ
⑦シンシナティ
⑧上海
⑨パリ
で行われます。

ポイントは
【優勝】1000
【準優勝】600
【ベスト4】360
【ベスト8】180
【ベスト16】90
【ベスト32】45
【ベスト65】10

です。

グレードの高い大会だけに、世界トッププロが参戦します。

ちなみに2014年の錦織圭は、
マイアミ、パリでベスト4
マドリードで準優勝
してます。

詳しいマスターズ1000での戦績はこちら!

このマスターズ1000でいかに勝つかも世界上位にいくためのポイントです。

スポンサードリンク


4)ATPツアー500

もう名前から、もらえるポイントがわかるようになりましたね。^^)

そう、優勝すると500ポイントです。

大会数は全13大会となります。

日本で開催される「楽天ジャパンオープン」もこのランクの大会となります。

2014年は錦織圭が優勝して、涙してましたよね。
あの場面はちょっとぐっときましたよね。

場所は有明で開催されるので、トッププロの戦いを目の前で見るのに
絶好のチャンスですよ。

お子さんがテニスをやっているなら、ぜひ早いうちに見せたいところです。

「僕(私)も将来プロになる!」

なんて言い出すきっかけになるかもです。

もらえるポイントは、
【優勝】500
【準優勝】300
【ベスト4】180
【ベスト8】90
【ベスト16】45

です。

5)ATPツアー250

ここまでくれば、優勝した場合の獲得ポイントの説明は必要ないですね。

一応いうと250ポイントです。^^)

2015年は年間37大会開催されます。

もらえるポイントは、
【優勝】250
【準優勝】150
【ベスト4】90
【ベスト8】45
【ベスト16】20
です。

最近錦織圭のニュースで
メンフィスオープン3連覇っていうのがありますが、
このランクの大会になります。

ちなみに優勝賞金は106,565ドルです。

日本円にして1千万円ほど、ツアーにはお金がかかるとはいえ、
見事な稼ぎっぷりですね。

以降、「ATPチャレンジツアー」「ITFフューチャーズ」と続きますが、
今回ご紹介するのはここまでとします。

まとめ

ATPワールドツアーの各大会でもらえる具体的なポイントについてご紹介しました。

これで、テニス観戦もぐっと身近になったと思います。

2015年はグランドスラムと楽天ジャパンオープンのテレビ放映が予想されます。

錦織圭世界ナンバーワンの快挙に向けて、一緒に応援しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ